『ハースストーン』の失敗から学ぶデッキ作り第5回「結局殴ればいい」

シェアする

前回『ズー』で勝てなくて凹んでるとお話しましたね。いろいろなサイトのランキングでは相変わらず『ズー』は上位をキープしていますがね。でも一回嫌になるとそのデッキは使いづらいものです、なので別デッキ回してみました。

スポンサーリンク

いまの流行のデッキの傾向

一言で言えば低速化ですよね、アグロが減りミッドレンジからコントロール域への主戦場が移ったことに体力低いのでAoE(全体攻撃)にも弱いので『ズー』はフィールドアドバンテージが取れなくなったからかと推測します。

どうするべきか

アグロシャーマンもミッドレンジへと移行していくのに象徴されるように次々ミッドレンジ域へとデッキが推移していくなか自分は考えました。

やられる前に引っ叩いてやればいいんだよその顔をな!!

と、やられる前にやれとも言いますがね

『フェイスハンター』

フェイスハンターデッキ

悩んでるポイント

1マナは決定で良いと思うんですが、2マナの秘策《狙撃》を入れているのは中型ミニオンに対抗したいからなんだけど普通に《爆発の罠》で良いかも。
《戦利品クレクレ君》を選んだのは「沈黙」がなくなからってのもあるけど《初級エンジニア》で早めの手札欲しい場面のほうが多い気がします。
3マナの《砂漠のラクダ》は《鬼軍曹》以外はフィールドに出て損しないからとデッキ圧縮効果を狙ってのもの《猟犬使い》も検討できる。

デッキ紹介してるのに読者に聞くというのも初級者だからです、許してください。

ご意見募集中。